無料ブログはココログ

カテゴリー「オーディオ」の5件の記事

2010年11月 6日 (土)

2010 東京インターナショナルオーディオショウに行ってきました

きょうは鉄道模型ではなくて、久々にオーディオネタです。
今年も有楽町の東京国際フォーラムで始まった
東京インターナショナルオーディオショウに入ってきました。
2010tias
金曜日で初日ということもあり、
メーカーやオーディオ誌、販売店等の関係者の方が目立ちましたが
熱心なファンはやっぱり多いですね。
みなさんお仕事はどうされているのでしょうか。
私は午後3時過ぎで仕事を切り上げて何とか一通り回ってきました。

今年目だったのは、何といってもPCオーディオとネットワークオーディオの台頭ですかね。
本当はどこまで市民権を得ているのかマーケティングは?ですが、
各メーカーの力の入れ様は相当なものですね。

その中でも私が興味を持ったのはこれ。
Da200_2
LUXMANのDA-200です。
USB D/Aコンバーターとしては15万円ほどという
そこそこの値段で、人気が出そうな感じです。
D-06の前段のD/Dコンバーターとして使うのもよさそう。

Da200_1
おもしろいのは、アナログ入力が2系統あること。
ボリューム付ですからプリアンプとして使うなど
これまでのオーディオ機器との接点として
いろいろ楽しめそうです。

ハイエンドオーディオでは
エレクトリのブースでのMAGICOのネジでガチガチに組まれた
スピーカシステムとHegelのパワーアンプとの組合せが好印象。
とても買えるようなものではありませんが。
Magiko_1

いつも一番広い空間を占有しているアクシスのブースでは
Wilson AudioのMAXXが圧巻。これも到底手の届かない逸品ですが、
輸入元が変わり、Ayreとの組合せが聴けたのはよかったですね。
Maxx_4   

ちょうどオーディオ評論家の傳さんの講演が行われていて大盛況。
傳さんの話は洒落ていてストレートで本当に楽しいひと時でした。
Maxx_2_3

世界の音に触れて、またオーディオ熱上昇中です。




2010年6月 2日 (水)

久々にオーディオネタ D-06 LUXMAN まもなく1年

D-06を導入してから、まもなく1年になります。オーディオアクセサリーの最新号で一生もののCDプレーヤーの特集をしていましたが、なぜかD-06はなく、D-08とD-05が紹介されていました。フラッグシップと最新モデルという編集の都合もあるのでしょうが、私はこのD-06をはずさないで欲しかったですね。
D061
D-06はDENON DCD-SA1からの買換えです。SA1の音が決して古びたわけではなく、特に大きな不満があったわけでもないのですが、5年使ったので、最新モデルの音はどうかなとの興味本位でいろいろ聴いているうちに、このD-06との決定的な出会いが訪れました。
そのときの感想は以下の通りです。
DENONのSX SA1を美音にした感じで、思ったほどのインパクトなし。SA1のほうがいい!
アキュフェーズDP700は情報量多くリアルだけど、価格ほどのときめきなし。
アキュフェーズDP-600は700との差が大きすぎ、明らかに音数が減る。
LUXMAND-08 音が濃くてリアルというよりやり過ぎくらいに表現がオーバー
LUXMAND-06 フレッシュでパワフルなのに繊細。SACDが特によかった。これは安い!
エソテリック 昔から嫌いな音。このベクトルの音は安らげず、楽しくない。
マランツ 中肉中背より少し細めの感じの美音。だからどうなのという感じ。

というわけで、めでたくD-06に相成ったしだいです。
D-06はDSDとPCMを選択できますが、
DSDは音場の見通しがよく音像がナチュラルに3次元的におさまって心地よい音。
PCMはオンマイク的音像重視となり、音の方向性だけでいうとSA1に近い感じです。
この二つの音を楽しめるのもいいですね。
またデジタル入力の音がよく、WADIAの170iを接続しiPodを聴くと
圧縮フォーマットとは思えないリアルな音で、ベールをはぎとったような鮮度の良さに感激しています。
PCオーディオ派の方にはおすすめです。
オーディオアクセサリー今号はそんな特集もしていたようですが。
アナログ出力は、バランス、アンバラともに極端な差はなく、
ケーブルや相手しだいという選択でいいかと思います。
私はヘーゲルH100にはアンバラでゴールドムンド、
アキュフェーズC-2410にはMITのバランスで接続しています。
(このプリアンプはC-2400からの買換えですが、とにかく音がいい!音の方向性といった次元は超越して、D-06の持ち味を最良の状態で引き出していると思います)
電源ケーブルは、フルテックに変更。中村のアイソレーショントランスNSIT-1000plus MarkⅡ経由で、オーディオ専用電源につないでいます。
インシュレーターの類は使っていません。
色々試しましたが、現用タオックのラック内に収める分には何もない方がいいようです。

D-06はいまのところ絶好調で、この1年間オーディオで不満がほとんどなくなってしまったのは、よいことなのか悪いことなのか。その分、鉄道模型が占拠している感じです。

2010年3月20日 (土)

私のオーディオの歴史を振り返ります

オーディオ履歴書その1 1970年代

私がはじめてステレオを買ってもらったのは高校1年生のときでした。それまでうちには家具調4chステレオセットすらありませんでしたので、うれしかったですね。

我が家にやってきたのは、ソニー「リスンシリーズ」の「リスン7」と同シリーズの別売上面操作型のカセットデッキです。コンポーネントステレオの先駆者となった製品だけに、シルバーの美しいヘアラインのパネル、ほのかに光る緑色のパワーランプやスライド式のボリュームがスタイリッシュで、レバー式のスイッチやプッシュスイッチの感触は今でも忘れられません。
 カーペンターズやシルビーバルタン、ジョーン・バエズなど親友の影響を受けたレコードをよく聞いていました。FMのエアチェックにも夢中になりました。私の親友の家は当時田舎なのに大変珍しいオーディオ専門店で、休みの日には、彼とよく新製品などをいじって楽しんでいました。
 彼の部屋にあったコンポがまた本当にいい音のする組み合わせでうらやましかったな。でもいつも遊びに行って、自分のコンポのように聴いてましたが。
構成は、プレーヤーがパイオニアのPL1200、アンプはトリオの型番忘れ(KA6004よりもっとレバーが細くて繊細だった記憶が)スピーカーはオンキョーのトールボーイ(これも型番忘れでごめんなさい)というもので、高校生にしては贅沢すぎる組み合わせから流れ出るのは、繊細で透明な美音でした。
 アーム式のレコードクリーナも流行りましたね。パイオニアのプレーヤーは、アクリルカバーを開けるときにギシギシとヒンジの音がして(不思議と安っぽくない音)、これからレコードを聴くぞという気分にさせてくれました。デザインも秀逸でレバー式のアームリフターの感触も指が覚えているのが不思議です。
 彼も私も放送部でラジオ番組作りに燃えていましたので、録音機には大変熱心で、当時のオープンデッキは大概の機種はいじってましたね。彼の親父の店で。DENON710とかもあって幸せでした。学校では1モータでガチャガチャと操作する19センチ4トラックのソニーのオープンで頑張ってましたけど。
 パイオニアから世界初の前面操作型のカセットデッキが出たときは背中がぞくぞくするくらいの衝撃でしたね。当時はテクニクスとソニーの前面から押し込むローディングタイプしかありませんでしたから。この辺のもの作りの精神や着想がパイオニアの商品に脈々と息づくアイデンティティなのだと思います。
 
そんなわけで、突然最近の話に戻りますが、当時から現在までパイオニアの大ファンの私としては、KUROがなくなってしまったことは大変なショックな出来事でした。うちには5010HDがありますが、それはそれは家族のように大切に使わせてもらっています。でもこの4月に発売になるパナソニックのVIERAの映像を見て興奮。これはまさにKUROの進化系じゃありませんか。
CM
の「黒のVIERA」という文字が、KUROの遺伝子を暗示していて、鳥肌が立ちました。よかったね。KUROを作り上げた人たちの夢とチカラが実って。これからも頑張ってください。もちろんパイオニアにも今までと同じ様に感動を呼び起こすような商品をぜひ作り続けてもらいたいと願っています。

話が横道にそれてしまいましたが、私がオーディオを始めた1970年代は、音を聴くための道具としての完成度や魅力にあふれた商品が本当に多くて幸せな時代でした。そして、当時それらの製品を通して聴いていた音楽や音の世界は、デジタル時代の現在とそれほど違いはなかったなあと思い返しているきょうこの頃です。

2010年3月14日 (日)

HEGEL (ヘーゲル) H100 とともに過ごす午後

中西保志のスタンダード3を聴く。
Cd1img_7
ヘーゲルのアンプH100を導入してから半年経ったが、この声の実体感はヘーゲルならではのもの。声を発する体や楽器が確かにそこにあって、その像にぶれやにじみがなく、周りの空気が透明で、なんともいえない爽快感がある。
この空気感と透明感は私の別システムのアキュフェーズ等の国産勢やアメリカンハイエンドとは明らかに異なるもので、春うららな日差しと相まって実に気持ちのいい音で満ちた午後となった。
H100img_4
このアンプはリーズナブルでもっと市民権を得て売れてもいいと思うが、いかんせん秋葉原でも常設している店がほとんどないのが現状で残念。
LUXMAN D-06との相性がまた最高で、エラックのFS247も絶好調だった。
昨年は、オーディオ用電源を分離し専用電源の敷設や中村製作所のトランス導入とついに電源上流にも手を出してしまった。
上記の組合せでは、いろいろなケーブルやアンバラ、バランスで試したが、ラインケーブルはゴールドムンドのSR、スピーカーケーブルはゾノトーンのバイワイヤリングで落ち着いている。

2010年3月12日 (金)

ステレオサウンド誌購入

ステレオサウンド誌購入しました。

Img_0608

なぜかいつも購入してしまいます。到底買えないような高価なオーディオ製品が数多く取り上げられていますが、オーディオ製品には夢があっていいですよね。世界中のいろいろなオーディオ製品の情報に触れて、幸せな気分になっているのは私だけでしょうか。

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31