無料ブログはココログ

« EF64 1000 JR貨物更新車新塗装 TOMIX | トップページ | KATO 285系を弄る その1 »

2019年6月20日 (木)

KATO 12系 HO 新車点検

KATOの12系が何度目かの再販となりました。
当社の小レイアウトで遊ぶために、EF65やDE10のおともに
オハフ12・オハ12・オハ12・スハフ12の4両を導入しました。
早速点検作業開始です。

オハ12です。

062101

062102

大きいだけにその造形は素晴らしいものがあります。

062108

Nゲージを大きくした台車で集電構造も同じですね。
ただ・・・ 

062103

床下と屋根上のプラ臭は強烈で、塗装と色差しで
よりリアリティを追求したいところです。

062104  
スハフ12です。

062105

Nゲージとは次元が違う表現力ですが、
エンジンは何とかしたいですねえ。

062107
こちらはオハフ12です。

皆様ご承知のように、
KATOの旧型客車と12系の弱点といえば・・・

062106

いまやNでもあり得ない連結間隔です。
当方に在籍している旧型客車はIMONカプラーに交換し
見た目を優先していますが・・・

062111

カプラーはこんな構造で、エアホース等のパーツとともに
ボディーに固定されているため、これだけの連結間隔がないと
カーブ通過に支障をきたすというわけです。

062112

そこで付属のドローパーに交換してみました。
カプラーパーツを取り外し、
台車から延びているバーに
ドローパーを接続します。
このバーが前後することと左右に首を振ることで
大きく伸縮する仕組みです。
ROCOのクローズドカプラーとほとんど同じですね。
どちらがマネしたのかはわかりませんが、
参考にしていることは間違いないでしょう。

062110

付属のドローパーです。
ROCOは連結部分がさらにしなるような作りですが、
解放することもあり、
こちらの方がガッチリ繋がり良いのかもしれません。

062115

ドローパーを装着した連結面です。

062113

交換したことで幌が触れそうなくらい改善されました。
遊ぶのならこれで十分と思いますが、
なぜかブログ等いろいろ見ても、このドローパーで遊んでいる人は
少ないようです。
Nゲージは精密でありながら走行も良好な仕組みがありますので
この辺はぜひ作る側でも進化させていただければと思います。

062114

中間連結面は今回はこれでいこうかと思いますが
いかがでしょうか。
カーブでの不自然さより走り回る楽しさと
車両のダイナミズムでありながら精緻な作りを
楽しみたいと思います。

クリックしていただけるととてもうれしいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

« EF64 1000 JR貨物更新車新塗装 TOMIX | トップページ | KATO 285系を弄る その1 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。伸縮ドローバーですが長編成で推進運転する、2%下り勾配で車輌同士が接触して脱線します。平坦線で牽引運転なら12輌でも問題なかったです。

はじめまして こんばんは。コメントいただきありがとうございました。2%の下り勾配で脱線するというのは困りものですねえ。当方でもいろいろ試してみますね。

>きよたかさん
>
>はじめまして。伸縮ドローバーですが長編成で推進運転する、2%下り勾配で車輌同士が接触して脱線します。平坦線で牽引運転なら12輌でも問題なかったです。

こんばんは。当方はカプラーをTOMIXのHO-C42と交換してR360を走行しております。牽引機を問わないので、小型の機関車でも小さなレイアウトを走ることができます。(客車は4両が基本編成です。)

こんにちは HO-C42は当方も皆さまの真似をして交換しようと買い込んであります。小レイアウトで走らせると楽しさ倍増ですからねえ。いろいろやってみますね。

この記事へのコメントは終了しました。

« EF64 1000 JR貨物更新車新塗装 TOMIX | トップページ | KATO 285系を弄る その1 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31