無料ブログはココログ

« 室内灯増殖計画その1 KATO HO 旧客 | トップページ | レイアウトのポイントをDCC化 »

2012年11月 7日 (水)

小レイアウト台で楽しむ16番

部屋を占領していた鉄道模型でしたが・・・

16番としては6両編成程度が限界で
中途半端さが気になっていたのと
16番もNゲージもただ線路幅が違うだけで
同じ様な車両を走らせていても飽きてくるので・・・

思い切って16番とNゲージの楽しみ方を
切り分けてみようと思い立ちました。

16番は
・徹底した小スペース化をはかる
・迫力や車両そのものの動きを楽しむ
・機関車牽引の旧客車、気動車など違和感のない短い編成に限定する
・完全DCC化により小スペースでも自由度の高い運用を可能にする

一方のNは
・長編成の列車の編成美を楽しむ
・定点で列車を見ることを重視し全体を眺めないレイアウトにする

こんな感じでいこうかなと
かなり大雑把に決めて・・・

さっそく解体・・・組立てです。
ものの3時間ほどで16番の小型レイアウト台
(2100×1200)の試作が完了。

遠めだと相当こじんまりした感じです。
ユニトラックでレールを組んでみました。

110606

当然このスペースですから・・・
国産のユニトラックでは限界も・・・

R360も発売されましたが・・・
なるべく多くの車両に対応したいので
R490を最小カーブとして
レール配置を考えてみました。

複線のように見えますが・・・
右側は待避線ありの複線。
中央で合流して
左側の内周はヤードへ向うラインです。

110605

これって・・・けっこういいじゃないですか。
旧客数両程度と2軸貨車主体だと
まったく違和感がありません
とにかく動かしていて楽しいです。

110602


レイアウト台の内側センターにある特等席からのカットです。
いいですねえ。

110603

もう車両に近いのなんのって・・・
ホントにかぶりつき状態で
興奮気味であります。

110604

C58 399号機牽引の普通列車がやってきました。
EF16 6号機との並びです。

小さくても・・・
けっこう奥行きを感じさせる眺めが楽しめます。

110607

留置線のEF16が絵になります。
どういうわけだか機関車は全部天プラですが(笑)

110608

C11も問題なくR490を通過しました。

とりあえず試作レイアウト台は大成功!
これをベースにして
メルクリンHOも組み込もうなどど
構想が膨らんできました。

そしてNゲージもと・・・
秋の夜長の楽しみは増える一方なのであります。

ランキングに参加しています。
ポチッと一押ししていただけると
とてもうれしいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村>

« 室内灯増殖計画その1 KATO HO 旧客 | トップページ | レイアウトのポイントをDCC化 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

真ん中に入ってしまえば、確かに絶対に全体は見えませんもんね。あとやっぱり小さくてもヤードは必要ですよね。
レイアウト的に、C12が加わると良さそうですね!
トラムウェイのC12などいかがです?

Salamさま コメントありがとうございした。
トラムウェイのC12はぜひとも導入したいですねえ。楽しみです。

 こんにちは、再び書き込みます。こういう発想は個人的に好きです。
 確かに、住宅事情次第でかなり工夫しないと建設はむずかしいと思ってしましたが、私のレイアウトは6畳一間の中に制限をかけて作りました。
 私の場合、レールはTrix(2線式)とメルクリン(3線式を2線式に改造)を用いています。なぜならポイントの曲線半径を小さくして、ポイントの直線部分を短くしたかったためです。あとは半径の小さなレールを配置して、1m X 2.1m のスペースで複線のレイアウトを作成できました。そしてスタイロフォーム・カラーボックス・ジオラママットを用いた簡単なものです。これは、ご存じのように目線を地面ではなく椅子に座った時の目線に近づけるためです。
(私の場合は全車両がR437.5を通過します。)

こんにちは。レイアウトは楽しいですね。
現在のレイアウトは身長177㎝の私が立ち上がったとき、目線が線路の真横に来るような作りで、
かなり高い所に建設されております。ドアなど入口の関係です。
極小のオーバルですが、背景画付で運転スペース周辺を周回する作りで
定点で列車の通過していく様を見るのが好きなので、けっこう遊べています。
諸事情で来年には取り壊して別の部屋に移動しなければならず、
もっと軽い素材で、分解しやすく効率的に作れないか目下思案中です。

>ひょうたん2号さん
>
> こんにちは、再び書き込みます。こういう発想は個人的に好きです。
> 確かに、住宅事情次第でかなり工夫しないと建設はむずかしいと思ってしましたが、私のレイアウトは6畳一間の中に制限をかけて作りました。
> 私の場合、レールはTrix(2線式)とメルクリン(3線式を2線式に改造)を用いています。なぜならポイントの曲線半径を小さくして、ポイントの直線部分を短くしたかったためです。あとは半径の小さなレールを配置して、1m X 2.1m のスペースで複線のレイアウトを作成できました。そしてスタイロフォーム・カラーボックス・ジオラママットを用いた簡単なものです。これは、ご存じのように目線を地面ではなく椅子に座った時の目線に近づけるためです。
>(私の場合は全車両がR437.5を通過します。)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小レイアウト台で楽しむ16番:

« 室内灯増殖計画その1 KATO HO 旧客 | トップページ | レイアウトのポイントをDCC化 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31