2016年4月16日 (土)

DF50 茶色の記憶

たぶん3歳か4歳頃の記憶なのですが、
今でも思い出すのが
この茶色のDF50機関車なのです。
今回は2両購入しましたがうち1両を整備しました。

5005

母親の実家がある
山陰線の駅のホームで待っていると
どこか親しみのあるやさしい顔つきのこいつが現れ
私の方へとやってくるのです。
その機関車の姿と音が
そもそも私の鉄道の原点なのかもしれません。
幼少のころの記憶がより鮮やかに蘇るできのよさです。


5007

いつの間にか、
機関車の色は朱色に変わりましたが、
写真さえ希少なこの茶色のDF50の
記憶をたどる旅に出たような気分です。

5002

こちらは・・・
以前購入していた16番TOMIX製のDF50であります。

5001

引っ張り出してきて大小のDF50で楽しんでおります。

5004

旧客も増備しました。

5006

いいですねえ。
たまりません。
しばらくはDF50三昧となりそうです。

ランキングに参加しています。
クリックしていただけるととてもうれしいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2016年4月 6日 (水)

TOMIX  DD51 青い方も増備しました

TOMIXのDD51 北斗星牽引機として
DD51を2両追加で増備しました。

Dd51104
 
予算の都合にて、プレステージとノーマルの2両です。

Dd51100

ノーマルは多数の部品取り付けで数時間かかりました。
1141号機としました。
ステップ等に多少色差ししております。

Dd51105

DCC化に備えて、ばらしてみました。
ボディーは4本の爪で固定されているだけなので、
KATOより簡単です。

中身は他のTOMIX製品に準じた内容で
特に問題はなさそうです。

Dd51110

キャブ内はちゃんと運転席回りの表現もあり好印象です。
中央の突起部分にウェイトを取り付けると
SG室のような感じになるので、ウエイトは標準装備としました。

Dd51103

こちらはノーマル(笑)のプレステージです。
1095号機とするまでの所要時間は15分程度と対象的であります。
さすがに腰の据わった重量感は迫力満点です。
北斗星のヘッドマークが誇らしげでいいですねえ。

赤い方も整備完了です。

Dd51101

Dd51102

1186号機としました。
出雲のヘッドマークを付けて、出発進行です。

ちなみに線路は撮影のために
メルクリンのCトラック上で行いました。
車両は2線式のままですので、通電したらアウトです(笑)
DCC化の完了に合わせて
ミニ機関区セクションを作って遊ぶのもいいかなあと
考えております。

ランキングに参加しています。
クリックしていただけるととてもうれしいです。

«TOMIX DD51 プレステージを買ってみた

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

現在の訪問者数