2017年4月14日 (金)

C11形蒸気機関車 入線

久しぶりの更新です。
鉄道模型はずっと続けておりましたが、
方針転換をしまして、
興味のある車両をひたすら購入するのは
やめました。

自分の好きな少数の車両のみの楽園を作ろうと
Nゲージも16番もレイアウトはすべて解体しまして
小規模なレイアウトを作りながら遊んでおります。
 
そんな当鉄道には欠かすことのできない車両として
小さい頃から慣れ親しんだ
C11形蒸気機関車がKATO・TOMIXのダブルで入線しました。

C1102_2
 
ともに精巧でとてもよくできています。
外観は甲乙つけがたい出来の良さだと思います。
走りは随分違いがあるようです。
 
まずは昨日入りたてのKATO製から

C1103_2

いやはや進化というのは凄いです。
作れば作るほどどんどんよくなる感じです。
後付けパーツはナンバープレートのみというのもいいですねえ。
 
C1104_4
 
走りの良さは群を抜いています。
当鉄道の新レイアウトはTOMIXのファイントラックをメインに使用していますが、
車両の上下動が少なく、ポイントも滑るように通過します。
低重心で前後の暴れが少なく、スローで周回を重ねても安定しています。
 
C1107_2
 
後ろ姿もいい感じです。
カプラーは付属のナックルです。
従台車を取り外して簡単に交換できます。
集電も安定しています。
先輪・従台車からの集電とゴムタイヤは第3動輪のみで
残り二つの動輪からも集電。
この辺りの構造上の匙加減が量産品でできてしまうのは凄いことだと
いつも感心します。
私の環境では集電不良の気配すら感じさせません。
 
C1109
 
先に入線していたTOMIX製です。
こちらもよくできています。
ただ走りは相当開きがありました
といっても普通に走りますが・・・
 
パワーパックによる走りの差もあり、
TOMIX製のN-1001-CLだとスローも効きますが、
KATOのハイパーDは今一つ相性が悪いようです。
走行は多少の上下動(許容範囲)はありますが
私の購入品は比較的安定していました。
 
ポイントは前後のバランスを崩して通過する感じです。
また必ず先輪が脱線するポイントがあり、
ポイントをストック品と交換したら脱輪しなくなりました。
同じ型番のポイントですが、微妙にばらついているのでしょうか。
 
一番気になるのは集電不良です。
レールがきれいな状態ながら、時折止まってしまいます。
これは少し興覚めです。
動輪が2輪ゴムタイヤとうのも影響しているのかもしれません。
 
といろいろ書きましたが
外観は超精密で走りも一級品と期待していただけに、ちょっと残念でした。
 
C1105
 
こんな光景がいつも見られるのは最高ですねえ。
 
C116
 
子供の頃、祖父に連れられて
遮断機も警報器もない踏切のそばで駅構内をよく見に行ったことを
思い出します。
 
いつも貨車の入替作業をしていたC11形蒸気機関車の姿が
かつてないほどリアルに当鉄道で再現されたきょうは記憶に残る日となりそうです。
 


にほんブログ村

2016年4月16日 (土)

DF50 茶色の記憶

たぶん3歳か4歳頃の記憶なのですが、
今でも思い出すのが
この茶色のDF50機関車なのです。
今回は2両購入しましたがうち1両を整備しました。

5005

母親の実家がある
山陰線の駅のホームで待っていると
どこか親しみのあるやさしい顔つきのこいつが現れ
私の方へとやってくるのです。
その機関車の姿と音が
そもそも私の鉄道の原点なのかもしれません。
幼少のころの記憶がより鮮やかに蘇るできのよさです。


5007

いつの間にか、
機関車の色は朱色に変わりましたが、
写真さえ希少なこの茶色のDF50の
記憶をたどる旅に出たような気分です。

5002

こちらは・・・
以前購入していた16番TOMIX製のDF50であります。

5001

引っ張り出してきて大小のDF50で楽しんでおります。

5004

旧客も増備しました。

5006

いいですねえ。
たまりません。
しばらくはDF50三昧となりそうです。

ランキングに参加しています。
クリックしていただけるととてもうれしいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

«TOMIX  DD51 青い方も増備しました

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

現在の訪問者数