2017年10月20日 (金)

特急あさしお 蘇る!

KATOの181系が再販されたせいか
山陰と同じような冷たい雨が降っているせいか
突然あさしおを走らせたい衝動にかられて
久々に復活運転です。

10201

ワオ!止められません。
この車両ホンマ好きですわ。

10204

整備中のレイアウト一番の見せ場大カーブに
差し掛かりました。

10202

ウヒャー
風を感じる。
エンジンの咆哮を思い出しますねえ。
アレレ・・・電連がない!
これがよくなくなるですよ。

10205

作りかけのトンネル(笑)に
あっという間に吸い込まれていったのでした。

181系なんとレイアウトの一部ポイントで脱線することが判明。
ユニトラックと車両の相性はホントに微妙です。
悩んでるとそれだけで終わってしまうので
本日はこれで終了です。

ランキングに参加しています。
クリックしていただけるととてもうれしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年10月15日 (日)

キハ58系 KATO 新規編成調達!

毎回のように再生産されるごとに購入しています。
最近はDCCサウンドに飽きがきてしまい
もっぱら車両のリアリティ追及で
雑な工作に傾倒中にて
今回はアナログ用に2両編成の新規調達となります。
 
いきなり完成披露です。
 
58_2
 
例によってバラバラにして
床下や台車、屋根上はすべて塗装して
プラ臭をなるべく消し去りました。
汚しすぎは記憶の中の車両と異なるので
墨入れ程度にしています。
 
5801_2
 
台車と車輪、床下機器も
写真を参考に、細かく大胆に(笑)塗装しています。
なかなかいい仕上がりかと思います。
この製品のデメリットは
なぜかヘッドライトと種別マーク表示が
暗い電球のままということに尽きるかと思います。
LEDへの交換作業と分解が容易な室内灯の実装について
いろいろ考えてみました。
新規調達なく、手元にあるパーツのみでやってみました。
 
Kiha5801
 
室内灯は某量販店の買置きを使用しました。
長さを調節して押し込むと純正のようにカチッと固定できました。
これは具合がいいですねえ。
 
Kiha5802_3
 
ボディー側の配線は窓の幅に合わせた銅板にはんだ付けし
この銅板を中央付近の純正の金属プレートが立ち上がる部分に
両面テープで固定しました。
 
Kiha5803
 
床下側には余っていた集電用パーツを差し込み
このパーツと銅板を接触させることで
分解を容易するとともに安定した給電ができるようにしてみました。
外から配線やパーツが目立たず、点灯も良好です。
これはKATOのHO車両ならどれでも使える技で
久々の成功体験でした。(笑)
ちなみに座席は艶々のプラ成形品ですので
今回は艶消しを噴いて、床をグレーに塗装しておきました。
本来は細かく時間をかけたいところですが、
思い切り手を抜いています。(笑)
 
Kiha5804_2
 
ライト関係のパーツは
運転席などをコックピット色に塗装しておきます。
一部を切欠き
小型のパーツが手元にないため
空中配線にて抵抗などのパーツを後ろ側に押し込みました。
 
2801_3
 
点灯は良好です。
種別表示はシールを直接貼り付けているため
ガラスの中の幕の感じにはなりませんが
まあこんなもんでしょうか。
ちなみにワイパーはエッチングパーツに交換。
オーバースケールのエアホース類も金属製に交換しています。
 
5801_3
 
キハ58系はさらにもう一編成程度導入して
HOでも長大編成で走らせたいですねえ。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけるととてもうれしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

 

«ヨ8000 KATO

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

現在の訪問者数